MT車の何が良いのかMT車の魅力に迫る

青い車

車のマナーについて思うこと

ハンドルを握る

私も運転をする身であり、後続の車や対向車にとって悪いことをしたなと思う運転をした記憶も多々あるので、あまり強く言うのもどうかと思うんです。
しかしマナーの悪さの自覚がなくて、日常的に周囲に迷惑をかけて運転している人もいるわけで、そういう人が一番困りますし、出来るだけ運転してほしくないと思ってしまいます。

今回言いたいことは、ウインカーを出すタイミングです。
教習所では余裕をもって早めに出すようにと言われて運転していたはずです。
実際私もなるべく早めにウインカーで意思表示をして後続車や周囲の車に気づいてもらって、そこからゆっくりとブレーキをかけて左右に曲がります。

「ブレーキを踏んでから」ウインカーを出す人が多すぎます。

まったくもって、ウインカーの意味がないと思います。
私も知らない場所に行ったり、新しい商業施設や行ったことがない友人や知人の家などに行く場合は土地勘もないので曲がらなくてはいけない場所に気づくのが遅くなり、ウインカーが遅れてしまって急に曲がったという経験はありますし、周囲の車に迷惑をかけたこともあります。

ただ、前を走る車が何度か交差点を曲がったりする際にずっと一緒だったとして、当たり前のようにブレーキを踏んでからウインカーをだして曲がるという人がたくさんいることは問題だと思います。
急ブレーキをした後にようやく思い出したかのようにウインカーを出して急激に道の脇に曲がっていく車も多いので、車間距離を空けて走るようにはしていますが、こちらは怖いです。

はやめにウインカーを出すことがなにか悪いことなのかと錯覚してしまうようなウインカーの出し方を多く見るので、そこは改善してもらいたいものです。
車の運転にもマナーがあるように全ての事にマナーってありますよね。シェアハウスするならシェアハウスのルールやマナーを守らないといけません。それさえ守っていればシェアハウスで楽しい日々の生活を送る事が出来ますよ。

MT車の魅力

最近MT車がめっきり減ってしまった。スポーツタイプの車を買うとMTを選ぶこともできるが、そうではなくスポーツタイプでない車にもMT車を選べるようにして欲しい。仮にそうすると工場でラインが増えたり、需要予測が難しくなって生産コストが高くなるのだろうけれど、メーカーには何とかしてMT車を昔のように増やして欲しい。

MT車の何が良いかというと、ATに比べて邪魔くさいのは承知で、しかし自分で操作して走ることの喜びを味わうことができるし、当然ミスした時の恥ずかしさや情けなさも感じるのであってそれが私にとっては大変面白いのである。これはスポーツタイプの車でなくても味わうことが可能で、ちょっとした普通の軽四のMT車であっても買い物に行くときに坂道発進や、高速道路における進入路での加速、することが多すぎてパニックになりそうな料金所など、走る上での面白ポイントがいくつも存在する。交差点のど真ん中でエンストしたときの緊張感や恥ずかしさなんてATでは絶対に味わえないだろう。また燃費も自己責任の面が大きい。「今月はこれだけ燃費が良くなった」というのはATでもメーターに表示されるが、MTはさらにダイレクトで燃費が良くなったり悪くなったりする。

とにかく毎日がグランツーリスモ状態で、MT車に乗ることでみんなが市民レーサーになれるのだ。こんなに面白いおもちゃは他にないと思うのだけれど、今からでも遅くないからメーカーには1車種でも多くMT車を増やして欲しいね。

topics

TOP